ホームログインカート
i・k・k・o <ビーズジュエリー>
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れすじ商品
ショッピングカート
カートを見る・レジに進む
店長プロフィール
いざわ いっこ
小さい頃から父親のアトリエで絵画に親しみ、造形や色彩に興味を持っていました。 スワロフスキー社のクリスタルビーズに魅せられ、独学でビーズ編みを習得。ビーズショップ&教室を始め、現在は神奈川県川崎市の自宅にて、小さなアトリエを開いています。 つづきを読む
店長日記はこちら
メールマガジン


アーティスティックワイヤーの新製品『ファンシースクエアワイヤー』を使って、
ブレスレットを編んでみました。ワイヤーそのものを活かすために、
あえて他の素材を加えず、ワイヤーの種類とカラーを変えてあります。
イメージは英国の銀製のカゴ…。
『きらめくビーズの世界展』の展示コーナーで、実物を観ていただけます。
他にも今ハマっているパテを使った、アンティーク風のペンダントトップや
ブローチなども一緒に展示する予定です。



「きらめくビーズの世界展」〜ビーズが織りなす英国の香り〜
■2011年 8月24日(水)→9月5日(月)■日本橋眦膕8階ホール
ご入場時間=午前10時〜午後7時30分(8時閉場)
※ただし最終日9月5日(月)は午後6時閉場
日本アートアクセサリー協会 http://www.jaaa.net/


お知らせ

『瑠璃色がさね』
2010年6月、ロシアのサンクトペテルブルク文化施設国立中央展示場《マネージュ》で開催されたジャパン・アート・コレクション・イン・サンクトペテルブルク展覧会にて展示されました。

「深い海のようでもあり、広く澄み切った大空のような、美しい青色を重ねた作品である。古くはエジプトやバビロニアの時代より、この色合いは宝石としてだけではなく、顔料などにも用いられ、多くの人々を魅了し続けてきた。ツタンカーメン王のマスクやメディチ家の紋章などにも使われていることはよく知られている。作者は、黄金色と青を融合させ、見事なバランスでアクセサリーを仕上げている。高貴な雰囲気漂う逸品は、シチュエーションを問うことなく、あらゆる場面で女性を華やかに飾ることだろう。(エルミタージュ美術館 学芸員 イリヤ・アンドレツォフ)」



今回はアーティスティックワイヤーでお馴染みの泰豊トレーディングから依頼されて、広告写真用に制作しました。2カラーズというテーマだったので、3点ともワイヤーを2色づかいしています。ブレスレッドは、スワロフスキーのソロバン型を使って、ワイヤーを編んで仕上げています。リングは、太めのワイヤーで編んだペースのリングに、いろいろな形のスワロフスキーを取り付けてみました。そしてネックレスは、シャンデリアパーツや変形のスワロフスキーを使って、ゴージャスなネックレスにしました。(2010年8月)




★1万円以上お買い上げのお客様には、送料をサービスさせていただきます。
☆徐々にですが、キット商品だけではなく、完成品のオーダーも開始いたしました。ぜひチェックしてみて下さい♪
★難易度別カテゴリーを設置開始いたしましたのでご参考にして下さい!
特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ このページの先頭へ
Copyright (C) IKKO IZAWA All rights reserved.